HOME>アーカイブ>品物選びだけではなく金額にも注意しておくことが大切

品物と金額について

ダイヤの指輪

結婚内祝いは何を贈ったら喜んでもらえるのかで悩んでしまうのは当然のことであり、少しでも相手に喜んでもらいたいと考えるからこそ悩むのではないでしょうか。相手の趣味や思考がわかっていれば良いですが、そうでなければ定番のアイテムにしておいた方が無難でありマナー違反になる可能性を軽減させることにつながります。もちろん何の祝いかによる違いもありますが、基本的におめでたいことのお返しなのでそれほど深刻に考える必要はありません。注意しておかなくてはならないポイントとなるのは、金額と送るタイミングです。基本的には半返しが良いと今の時代では考える人が多いので、最適な品物でいただいた金額の半分程度になるようにしましょう。

無理をする必要はない

ハワイアンウェディング

一般的には半返しが基本であり、少なくても三分の一は返すことがマナーです。しかし高額なお祝いをいただいたとなれば、半返しはもちろん三分の一でも経済的に厳しいと感じることもあるのではないでしょうか。その際には無理に金額を合わせて返すのではなく、気持ちを伝えることに重点を置くようにしましょう。結婚内祝いの場合にもカタログギフトは定番の贈り物であり、受け取った側が選ぶ楽しみもあることから喜んでもらえます。

渡す方法について

指輪の交換

本来なら手渡しにするべきですが、近年では結婚内祝いも郵送にすることは珍しくなくなりました。しかし普段なら郵送で済ませてしまうところを直接持参したり、メッセージカードを添えることにより好感を持ってもらうことができます。金銭面の負担ばかりに気を取られるのではなく、相手が喜んでくれるアイテムを選ぶことが大切です。郵送する場合中は、送料は半返しの中には含まないように考えることは頭においておきましょう。