お祝いの金額に合わせて選ぶ

新郎新婦の手

結婚内祝いは、何を贈らなければならないという規定はありません。ただ、もらったお祝い金額の3分の1から半額の予算で選ぶのがマナーとなります。ご祝儀が3万円なら1万円から1万5000円、ご祝儀が5万円なら1万6000円から2万5000円ぐらいの品を選ぶとよいでしょう。典型的な結婚内祝いとしては、スイーツやタオル、石鹸などがあげられます。子供のいる家庭ならスイーツ、一人暮らしなら有名店のスイーツなど、家族構成を考えて選ぶのがよいでしょう。また、好きなものが選べるカタログギフトも人気です。カタログギフトは総合的なものからグルメに特化したもの、雑貨に特化したものなど色々な種類があるので、贈る人に合わせて選べます。

披露宴に出席しなかった人に贈る

結婚内祝いは、披露宴には出席しないけれどご祝儀をくれた人に贈るものです。披露宴に出席した人は、披露宴後に引き出物を渡しているので贈る必要はありません。ただし例外として、披露宴に出席した人でもご祝儀が高額だった場合は、引き出物とは別に結婚内祝いも贈ります。結婚内祝いを贈る際はのしをつけますが、のしの種類は紅白で結び切りの水引です。表書きには内祝、もしくは寿と記載し、差出人の欄には新姓を記載します。のしがない結婚内祝いは、マナー違反となります。結婚内祝いは本来、幸せのおすそ分けという意味合いがありましたが、近年はもらったお祝いへのお返しの意味が強くなっています。

結婚式から1ヶ月以内に贈る

結婚内祝いは、結婚式から2週間から1ヶ月以内に贈るのがマナーとなります。直接持って行くのがベストですが、遠方の場合は配送でもOKです。配送で贈る場合は、お礼状を同封することを忘れないようにしましょう。長文の手紙を書くのが苦手な人は、メッセージカードでも大丈夫です。結婚式の写真を添えるなど、ひと手間かけたカードにすると喜ばれるでしょう。また、披露宴を行わなかった場合は、御祝儀をもらってから1ヶ月以内に結婚内祝いを贈るのがマナーです。結婚内祝いを贈るのが遅れてしまった場合は、遅れたことをお詫びする必要があります。贈り忘れを防ぐためには、お祝いをもらったらすぐに金額と日付をメモしておくとよいでしょう。そのほか、結婚祝いでもらった品物が1000円以内であった場合は、必ずしものしをつけた結婚内祝いを贈る必要はありません。300円から500円のプチギフトにお礼状を添えて贈ることで代用できます。